あなたの相続問題を解決する士業の総合ネットワーク

士業の総合ネットワーク

優オフィスグループ

お気軽にお問合せください

0120-928-714

優オフィスグループは士業の総合ネットワークです。

優オフィスグループとは
関東地区、東海地区を中心に活動する行政書士、司法書士、社会保険労務士、税理士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、弁護士からなる士業の総合ネットワークです。
(2020年4月1日現在、74名在籍)
経営支援サービス、相続・終活支援サービスを中心として、さまざまな専門分野を持つメンバーが、お客様が抱えるあらゆるお困りごとに、ワンストップで解決します。

マスコミ取材歴

講演実績・マスコミ取材歴

当グループ代表、行政書士東優が週刊東洋経済2020年4月4日号(3月30日発売)の取材を受けました。

東洋経済2020年4月4日号(3月30日発売)において、当事務所代表の東が同誌の取材を受けコメントしました。テーマは「変わる民法&労働法」について、法務局での遺言保管制度と、自筆証書遺言と公正公証書遺言のメリット・デメリットについて言及、実務で役立つ情報を提供させていただきました。

当グループ代表、行政書士東優がプレジデントの取材を受けました。

プレジデント2020年3月6日号(2月14日発売)において、当グループ代表の東が同誌の取材を受けコメントしました。テーマは「実家の大問題をどうする?」について、死後事務手続きで必要になる書類、うっかり捨てるとヤバイ郵便物とは、といった内容を中心に、いざというときに遺族が困らないように、どのような点に気を付けて手続きを進めるとよいかといったことに言及、実務で役立つ情報を提供させていただきました。

週刊東洋経済「親子で話し合う相続・終活・お墓」にて当グループの税理士と行政書士が記事を執筆しました。

週刊東洋経済(31年8月5-8月17日号)にて当グループ代表の行政書士東優とグループメンバーである税理士祖父江慶彦が、同誌同号の特集「相続・終活・お墓」の中の「孫の成長に貢献する妙策 生前贈与フル活用のススメ」をテーマに共同執筆しました。生前贈与の諸制度や一括贈与の際の節税制度、民法改正のかかる特別受益など4ページにわたりこれら実務上のポイントを解説しました。。
 日頃より贈与や相続について相談を受ける立場からは、士業間のスムーズな業務連携によりはじめてお客様にとって円満円滑な贈与そして相続が実現できると痛感しています。このたびの共同執筆を通して、贈与や特別受益についてあらためて基本を見つめ直す機会となり、さらに士業間連携の重要性について再認識する機会となりました。

テレビ朝日「ワイド!スクランブル」のインタビューを受けました。

2019年5月1日12:50からテレビ朝日放送の「ワイド!スクランブル」にて尊厳死宣言の特集が組まれ、当グループ代表の東がインタビューを受けました。

週刊東洋経済「死後の手続き」にて代表のコメントが掲載されました

週刊東洋経済(31年4月27-5月4日号)にて当事務所代表の東がコメントしました。同誌同号の特集「死後の事務手続き」の中で、死後事務手続き及び相続手続きの専門家として、各手続きのポイントと進め方の注意点についてコメント。さらに、死後事務手続き、相続手続きにおいていざという時に困らないいためにエンディングノートの保管と活用法についてもコメントしました。さらに、当事務所が制作、発行している「相続手続きハンドブック」をもとに、必要な書類と手続き一覧も掲載されました。

この記事でご紹介いただいたハンドブック「相続手続」「終活遺言」は

こちらからお申込みいただけます。

お問合せはこちら

初回のご相談は無料です。
お気軽にお問合せ下さい

お電話でのお問合せはこちら

0120-928-714

受付時間:9:00~20:00(土日祝も対応)

週刊ポスト記事に、親の金銭管理、後見人制度に詳しい専門家としてコメントしました

週刊ポスト(31年3月8日号)の特集記事「老親のために子が『代行できる手続』」にて、グループメンバー、弁護士の綱藤明、司法書士の山口和仁がコメントしました。

週刊朝日記事に、死後の手続に詳しい専門家としてコメントしました

週刊朝日(31年3月1日号)の特集記事「死後の手続き厳選Q&A30問」にて、グループメンバー、司法書士の石井一明が戸籍謄本の集め方についてコメントしました。

週刊文春記事に、相続に詳しい専門家としてコメントしました

週刊文春(31年2月14日号)の特集記事「「死後の手続き」35問 あなたの悩みに答えます!」にて、当グループ代表、行政書士の東優が相続手続き、遺言作成についてコメントしました。

お問合せはこちら

初回のご相談は無料です。
お気軽にお問合せ下さい

お電話でのお問合せはこちら

0120-928-714

受付時間:9:00~20:00(土日祝も対応)

週刊ポスト記事に任意後見と家族信託に詳しい専門家としてコメントしました

週刊ポスト(31年2月22日号)の特集記事「「親がボケる前」「ボケた時」に必要な手続き5つのポイント」の中で、当グループ代表、行政書士の東優と、グループメンバーの司法書士の山口和仁がコメントしました。

週刊ポスト記事に任意後見と家族信託に詳しい専門家としてコメントしました

週刊ポスト(31年2月8日号)の特集記事「成年後見と家族信託」の中で、当グループ代表、行政書士の東優と、司法書士の山口和仁がコメントしました。同誌同号の特集「親がボケる前、ボケた時にやるべきこと」の中で、後見制度必要な事前対応について、主に任意後見と財産管理委任、後見と家族信託の違いなどについてコメントさせていただきました。

お問合せはこちら

初回のご相談は無料です。
お気軽にお問合せ下さい

お電話でのお問合せはこちら

0120-928-714

受付時間:9:00~20:00(土日祝も対応)

週刊ポスト(31年1月25日号)にて同誌同号の特集「[完全保存版/人生100年時代の資産を守る千恵]お金の家族会議」の中で、優オフィスグループ代表行政書士として、クレジットカード・カードローンに必要な事前対応についてコメントさせていただきました

マスコミの取材を受けました

週刊ポスト(30年11月2日号)にて優オフィスグループ代表の東がコメントしました。同誌同号の特集「急増!公正証書による『尊厳死宣言』書式見本申告手続きマニュアル」の中で、尊厳死宣言の専門家、優オフィスグループ代表行政書士として、尊厳死宣言の役割について、またキーパーソンの役割についてコメントさせていただきました。

お問合せはこちら

初回のご相談は無料です。
お気軽にお問合せ下さい

お電話でのお問合せはこちら

0120-928-714

受付時間:9:00~20:00(土日祝も対応)

書籍案内