あなたの相続問題を解決する士業の総合ネットワーク

士業の総合ネットワーク

優オフィスグループ

お気軽にお問合せください

0120-928-714

関東中部関西
遺族年金のご相談

遺族年金についてよくある質問

ここではよくあるご質問をご紹介します。

離婚した夫が死亡した場合、遺族基礎年金は受け取れるのでしょうか?


離婚した妻は配偶者ではないので、遺族になりませんから受給権は消失しています。ただし、18歳に達した日以後の年度末まで又は20歳未満で障害等級1,2級の子供がおられる場合は、子供の養育費を貰っていたことを証明できるならば、その子供が受給できます。なお、子供が母親と生計を同一にしているときは受け取れませんまた、遺族年金を受給している間は、児童扶養手当を受け取れません。

夫の死亡後、再婚したときは遺族年金はどうなるのでしょうか?


夫の死亡後に他の人と再婚した場合、遺族年金の受給権は消滅します。もし、再婚後その方と離婚しても遺族年金は貰えません。


夫に多額の借金があり、相続放棄をしましたが、遺族年金は貰え
ますか?


法律上、遺族年金は死亡者の財産にあたらないので、相続放棄の有無に関係なく受給できます。

お問合せはこちら

初回のご相談は無料です。
お気軽にお問合せ下さい

お電話でのお問合せはこちら

0120-928-714

受付時間:9:00~20:00(土日祝も対応)



同居している義理の母は、現在遺族厚生年金と老齢基礎年金をもらっています。扶養家族にしてしまうと遺族厚生年金又は老齢基礎年金が貰えなくなるか減額になることがあるのでしょうか?



遺族厚生年金は非課税ですので所得税はかかりませんが、収入には入ります。
お母様が被扶養者になるためには
年収が180万円未満でなければなりませんが、この年収には、遺族年金、老齢年金の額を含みますお母様が被扶養者になったとしても年金額には影響はありません。


一ヶ月でも年金を受け取ったため、寡婦年金など全て受け取る事が出来ないと言われました。本当に無理なのでしょうか?


寡婦年金、死亡一時金に関しては、たしかに1ヵ月でも年金の支給を受けてしまうともらうことができません。



協議離婚しましたが、経済的な事情等により現在も同居生活は継続しています。
今後父が先に死亡した場合、母は遺族厚生年金を受給することが出来るのでしょうか?


手続き上離婚されていても、同居していて生計関係も以前と同じということであれば、婚姻関係同様とみなされて遺族年金を貰える可能性があります。



離婚した夫が亡くなりました。子供が一人おります。
生計が別で、養育費なしです。後で判明したのですが、月に一度子供に面会していた時に子供が毎月一万円を貰っておりました。このような場合でも、遺族年金は貰えないのでしょうか?



金額の大小はあまり関係がないので、生計維持関係ありと認められる可能性もありますが、振込みと違って証明するのが非常に難しいのではないかと思われます。記録があれば遺族年金も貰えると思います。

年金の申請期限はありますか?


遺族基礎年金、遺族厚生年金、遺族共済年金、寡婦年金は5年以内に請求しなければ時効になってしまいます。死亡一時金は2年以内に請求しないと時効になります。

お問合せはこちら

初回のご相談は無料です。
お気軽にお問合せ下さい

お電話でのお問合せはこちら

0120-928-714

受付時間:9:00~20:00(土日祝も対応)

こんなとき、年金がもらえるかも知れません

年金は、2ヶ月に1回、偶数月に指定された口座に振り込まれます。たとえば、4月に振り込まれた年金は、23月分です。そのため4月に扶養されていたご両親が亡くなった場合、4月分のもらっていない年金(未支給年金)が存在します。一定の条件を満たした親族であれば、その年金を代わりに受け取ることができます。

年金をもらえる対象者

年金を受けていた方が亡くなった当時、その方と生計を同じくしていた、

(1)配偶者 (2)子 (3)父母 (4)孫 (5)祖父母 (6)兄弟姉妹 (7)その他(1)(6)以外

3親等内の親族です。

また、未支給年金を受け取れる順位もこのとおりです。

※ 生計が別だった場合は、定期的に会ったり経済的に面倒みていた場合に受け取れます。

詳細を確認したい方・未支給年金の請求される方は
こちらへお問合せ下さい

初回のご相談は無料です。
お気軽にお問合せ下さい

お電話でのお問合せはこちら

0120-928-714

受付時間:9:00~20:00(土日祝も対応)

年金を受給していたお父様が亡くなったとき、お母様が遺族年金を含む死亡に関係した年金、一時金をもらえる可能性があります。しかし、これらの年金は、自動で受け取れるものではなく、条件を満たした方が、様々な書類を揃えて申請しないともらえません。

受給要件

1.被保険者又は被保険者だった者で被保険者期間中の傷病が基で初診日から5年以内に死亡したとき。ただし、死亡した者の加入期間のうち、3分の2以上の保険料を払っていた期間があること。

2.障害等級1級、2級に該当する障害厚生年金の受給権者が死亡したとき

3.老齢厚生年金をもらっている方又は老齢厚生年金の受給資格期間を満たしている方が死亡したとき

年金をもらえる対象者(主に遺族厚生年金です

死亡した者によって生計を維持されていた

①妻又は子 ②55歳以上の夫、父母、祖父母 ③孫 

※ 子及び孫は遺族基礎年金と同じ年齢要件を満たす者
※ 夫、父母、祖父母は60歳から支給

遺族の順位

①配偶者又は子 ②父母 ③孫 ④祖父母

詳細を確認したい方・遺族年金・寡婦年金・死亡一時金等
の請求を希望される方はこちら

初回のご相談は無料です。
お気軽にお問合せ下さい

お電話でのお問合せはこちら

0120-928-714

受付時間:9:00~20:00(土日祝も対応)